読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今がその将来なんだけど日記

hulu廃人なので基本的にその話しかしてません・・・。

「良い話」が作り話だったとして何が悪いのか

こんな話がFacebookでイイねイイねシェアシェアされてて、はてブ界隈ではクッソミソに腐されている。

 

 

はてブブコメ大喜利でひとしきり笑ったあとFacebookのタイムラインを見ると、案の定いいねしてる人がチラホラでやっぱりというか勘弁しろよというか、であります。

この手の話がFacebookで「ごシェア」されるのは珍しくもなんともないのだけれど、今回珍しくもはてなで話題になっているのは、あまりに針の大きい釣り針、ザツな作りの釣り堀だからでしょうか。

ポロリしつつ用を足している時に、「なぜなら君たちは、仕事の意味を履き違えているようだ。」なんつって流暢に人にお説教をしている。

凄い図です。

何分かかんの、このセリフ。

ちなみに、わたくしが伊武雅刀を意識したセリフ回しと渋い声で間を取りながら言ってみましたところ、1分20秒かかりました。

バッカみたい。

 

ほんだら、なんで「良い(作り)話」はよろしく無いのか

スカッとするテレビがやってたり、バイラルメディアでの良い話が御シェアされたり、ひねくれ者にとって非常に住みにくい世の中ですが、さてさてこの手の「良い話」が作り話だったとして、一体それのどこが悪いのか、と言われるとちょっと込み入ってきますですね。

実際にこの話が完全なフィクションなのか、実話を盛々に盛った半フィクション的なものなのか、はたまた奇跡のノンフィクションなのかはさておき。

 「ノンフィクションの皮をかぶったフィクション」がダメっつうか、あんまり近寄ったり心動かされたりしちゃいけない危険物なのはですね、やっぱり知的な退廃に繋がるからじゃないでしょうか。

退廃だなんて、Hulu廃人であるところのわしに言われたかないと思いますが、「それ、信用に足る情報か?」ということを常に検証するのは、別に特別な日に頑張ってやることではなくて、生きる上の態度でしょう。

良い話だろがデマだろが江戸しぐさだろが、疑う姿勢は常日頃から涵養しておかんと。

「良い話はすぐシェアしちゃうけど、大地震の時のデマ拡散はすげー慎重」なんておそらく一個人としてそんな軽やかな身の振り方できんでしょきっと。

ことに良い話ってのはこれもう脊髄にズキューンと来ますからね。

こういう時こそ反射じゃなくてですね、ちゃんと大脳新皮質動かして判断するクセをつけときたいと思う次第です。

 

「逃げろー!舌がバカになるぞ!」という意味で。

あとさ、

「ピンチになった時に颯爽と助けてくれるのは、自分じゃなく権力を持った誰か」

っていうの野暮だなあ。

フィクションとしてそういう構造を持った話は野暮だし、それに気持ちよくなっちゃうのも野暮だ。

(B級だと分かってても、そういう脳髄に来る、化学調味料モリモリのジャンクなやつが食べたい時はそりゃあるけど・・・)

水戸黄門も古典も本宮ひろ志も別に悪かないけどさ、もっと洗練されたフィクション作品は世にあふれているのにな。

役者の底力を見る映画その1@Hulu

映画を見ていて「この役者で良かったなー!」と思う事もあれば、「この配役あの人の方がいいよね・・・」と思って凹むなんてことがままあるわたくしです。

映画を見てキャストに不満だった時は、帰り道に脳内で「キャスティング一人会議」をおこなうのが何よりの憂さ晴らしなのですが、今日ご紹介するのは

キャスティング一人会議なんて全く必要無し!
おまえで大満足!
アンコール!!

状態になること請け合いの映画たちです。

Hulu廃人がお届けする、Hulu配信作品限定のセレクトですが、よろしければどうぞ。

 

 

イングロリアス・バスターズ

 

クリストフ・ヴァルツクリストフ・ヴァルツ

この映画はとにかくこの人の映画です。

正統に演技を学んだ役者の揺らぐこと無い職人芸、とでも言うべき凄みのある演技です。

特に冒頭15分強にもおよぶナチの取り調べシーン。

床下に隠れたユダヤ人の家族が見つかるか見つからないかのサスペンス要素があるからハラハラする、って事もありますが、このクリストフ・ヴァルツの「軽めのセリフ回しでねちっこく逃げ場を無くしていく」という技術ありきのシーンと言えましょう。

愛想よく話してる最中に一瞬フッと呼吸を詰めて、眉と口角を落とすんです。
それで「国家の敵を匿っているな?」と来るわけです。

もう見てるこっちの息が荒くなってきまして、取り調べられてるお父さんより先に泣き出しそうになります。

別に「オレは怖いぜ!」っていう体つきや目つきをしなくても、こんなにも怖い人間を演じられるのだ、という。

私が演技の授業をするとしたら、この15分を教材として使いますね。

 

 

ヘルタースケルター

www.hulu.jp

この映画ほど、「役者でもってる」映画もそうないと思います。

全体的に冗長で疲れる映画ではあるんですが、これまずエリカ様じゃなきゃ成立しなかっただろうな、と思わせる凄みがあります。
この時点でこの役が出来る日本人女優は他には居なかったんじゃないか。
やり切った。よくやり切った。

 寺島しのぶも年齢的にかなり原作からは離れた役者であるにも関わらず、さすがの安定感で盤石な役作りしてますし、物語のキーである「りりこの妹」も、「あら・・・よくこんな女優を見つけてきたわね・・・」と思わせる説得力のある顔面。

ただし、この映画でフォーカスしたいのは、水原希子水原希子であります。

彼女の初出シーンは「エラいの出てきたな・・・!」とりりこを身震いさせるのに足るオーラに満ち満ちている。

私も水原希子を知ったのはこの映画が初めてでしたが、どエラい新人を釣り上げたもんだと驚愕しました。

セリフ回しも怪しいし、演技の技量的にはまだ全然なのですが、役者の存在感と面構えだけで、役を鷲づかみにして自分に近づけて来ているのです。

この年令のこのタイミングでしか出し得ない魅力なのかもですが、水原希子は恐らく愛玩されることに慣れて、それだけが自分の魅力だと思ってる女優にはけして無いものを持っていると思います。

端的にいうと強い。

この強さを持ったまま老けて、いい役者になっていただきたいところです。

 

誘拐ラプソディー 

 なりゆきで誘拐した子供がヤクザの跡取り息子でてんやわんや・・・っていうなんてこと無いコメディ。

正直大人は誰も心に残る演技をしていないのですが、(特にYOUは「いつものYOU」すぎてごっつええ感じのコントを見ている気持ちになる)、唯一「おおっ」と思わせるのが誘拐される子役の林遼威
(ろい、と読むらしいですよ。いと今様なり!)

自分が可愛いと知ってる子供の立ち居振る舞いほど鼻につくものはないと申しますが、この映画での林君はまあ自然。いちいち自然。

ケタケタ声を上げて笑い、美味そうに寿司を食い、よく分からない歌を歌い、自然にそこに生きている。

泣きの演技がフォーカスされがちな子役っつーものですが、「実に楽しそうに笑う」ってのはもっと評価されるべき指標じゃないかと、そんな事さえ思うのでした。

だいたいにして映画や舞台なんて、大人さえもうやんなるくらい練習すんのに、子供がその繰り返しに倦むことなく、お仕事してくれるってだけで奇跡だな・・・。

 

 ではまた、第二弾でお会いしましょー